切らない包茎手術のメリットについて

切らない包茎手術と言うのが今話題となっています。
包茎手術と言うと、メスを入れ、そして手術を行う、というのが一般的でしたが、今は、切らない包茎手術が可能であるとされています。

 

この切らない包茎手術のメリットは、まずほとんど痛みがないというのが大きなメリットになります。
余っている皮を縫合し、そして亀頭などが露出するという癖付けをするというのが、こちらの包茎手術の特徴となります。
ですので、切らないので、回復などもとても早いというのもメリットとなります。

 

さらに、手術などをしない、切らないということで、傷跡なども残りませんので、傷跡を残したくない、という男性にもとても良い方法であるといえるでしょう。
また、一般的な切る手術よりも、費用などが安く済ませられることが多いので、料金が大きいといえます。

 

一般的な切る手術と異なるのは、やはり切除した場合と違って、元に戻そうと思うと元に戻せるという点であるといえるでしょう。
ですので、考え方などが後から変わったりと言ったことになると、元通りに戻せるというメリットがあります。

 

しかし、こちらの切らない包茎手術は、若い人でないと効果などの持続が難しいとされているのが実際のところです。
年齢とともに、皮などが余ってきたりした場合などは、再手術をしたりなどをして、また調整をすることが必要となるというのも、一般的な包茎手術と異なる点であるといえるでしょう。

当日にシャワーも浴びれて性行為もできる切らない包茎手術

切らない包茎手術には長茎手術と長茎術というのがあります。この手術は埋没陰茎長茎術という手術で、短くて貧相な男性器をよりしっかりと長くできる手術です。

 

通常の手術では性器に麻酔をしては切りますが、この方法ではメスで切らずに男性器の根元部分から針と糸を通して靭帯という部分をしっかりと固定します。固定することでよりたるみの無い、長くて立派な男性器にすることができます。

 

手術後に何度も通院する必要も無く、傷跡も目立たないのも良い所です。痣になることもないですし、皮膚がかぶれることもほとんどありません。酷く腫れたり、痛みが何日も続いてはストレスになることも軽減できるメリットがあります。

 

その当日からシャワーで洗うこともできますし、性行為もできるのも魅力的です。精神的にも負担があまりないのもメリットです。

出血もほとんどありませんし、見た目も美しい仕上がりなのも人気です。

 

他には、陰茎根部固定法という方法もあり、男性器の余分な皮の部分を陰茎根部に寄せてはその部分にしっかりと固定してしまう方法もあります。

又、亀頭部を身体に優しいコラーゲンを注射しては大きくするという亀頭部増大固定法もあります。その量は自分の都合に合わせて決めることができますので、より自分好みの形と大きさになります。

 

他にも、より男性器を逞しくしては快感を増大することができるシリコンボール
を挿入するシリコンボール挿入術という方法もありますし、男性器の亀頭と包皮内部皮膚を剥がしては大きくする癒着剥離形成術、陰茎部を開放したり修正ができる陰茎部狭窄解除形成などもあります。

 

この2つの方法は先の包茎治療と併せて行いますと、より大きく、逞しい男性器となります。

痛くない包茎手術ってあるの?

切らない包茎手術なら痛みがないから安心です

 

男のひとなら、包茎手術には興味があるでしょうが、痛みが気になってしまう場合も多いでしょう。そんなときにおすすめなのが、痛くないという切らない包茎手術です。

しかし、ふつうの手術とちがって、特別な切らない手術というと、とてもお金もたくさんかかってしまうのではないかという不安もあるかもしれません。ですが、切らない包茎手術でも、3万円台からというお値段で手術を受けることができるクリニックもあります。

 

自信を取り戻したいけれど、お金をかけるのも、痛い思いをして手術をするのもいやというひとなら、切らない包茎手術がいちばんでしょう。メスを使わないことによって、仕上がりも失敗されることがなく安心です。仕上がりの見た目にもこだわりたいなら、切らない包茎手術が安心でしょう。

 

そしてなんといっても、痛みがほとんどないのがうれしいところです。

切らない包茎手術では、接着剤をつかうことによって、切って糸で止めるのではない方法で手術をすることができます。この方法で手術を受けたいなら、若いほうが有利のようですので、なるべく早めにクリニックを受診するのがおすすめといえるでしょう。

 

今20代なら、悩んでいるうちにすぐに30代になってしまいます。なるべく20代くらいのうちにこの手術を受けるのがベストといえます。それよりうえの年代のひとは、医師に相談して、しっかりと診断をしてもらってから手術を受けるのが可能なのか判断してもらいましょう。

切らない包茎手術と普通の包茎手術との違いについて

切らない包茎手術というものがありますが、普通の包茎手術との違いはなんなんのか、気になっている人も多いでしょう。

まず切らない包茎手術というものは、その名の通りで切ることなく、包茎を治すための手術を受けることが出来るというのが、大きな特徴として挙げられます。

皮をいつでも剥いた状態にしておくために、余っている包皮を根元に寄せて、癖を付けるといった処置がなされます。

 

切らない包茎手術のメリットは、何といっても、手術をしてもらった手術跡が残らないということです。

人によっては、男性器に手術跡が残ってしまうことを恐れて、中々手術を受けることに、踏み切ることが出来ないということもあるでしょう。

切らない包茎手術というものは、見た目や痛々しい手術跡を気にする人にとっては、とても良い手術方法になっています。

 

普通の包茎手術との違いは、痛みが少ないことと、その手術費用です。

手術とはいっても、癖を付けて自然に包茎が治るようにするためのものですから、皮を切ったりしないので、痛みも少なく包茎を治すことに繋がります。

また、普通の包茎手術とは違って、手術費用が安いため、あまりお金を掛けることが出来ないという場合には、楽に受けることが出来ます。

 

包茎手術は、手術費用が高額なものになったり、手術跡が残ってしまうのではないかと、不安になってしまって、今まで手術を受ける勇気が出なかった人も多いかもしれません。

切らない包茎手術は、その悩みを解消してくれます。

切らない包茎手術のデメリットとは!

包茎手術は切ることが一般的であり、不要な皮を全て切断した方が楽なことも事実です。

しかし皮を切ると性感帯が無くなってしまう可能性があり、射精出来ない可能性があります。

 

それを避けるために導入するのが、切らないタイプの方法です。

皮を二重整形のように縮めることによって、露呈した状態を作り出すことができます。

 

この方法なら切る必要がありませんし、あまり切り過ぎてよくないような感じに仕上がってしまうこともありません。

この方法は切らないためにリスクは少ないのですが、そもそも剥くことが難しい場合は利用しづらい部分も持ち合わせています。

 

皮が剥けるような状態になっているなら、この方法を利用して綺麗にすることも可能ですが、剥けない場合は先端を切断しなければ露呈させられない状態になってしまうのです。

また縮めるような方法で手術を行うのですが、皮が長すぎると縮めきれない状態になってしまい、変な感じで手術が終わってしまうようなこともあります。

一概にいいとは言い切れない方法ではあります。

 

剥けるような仮性包茎の方なら利用する価値はあるとされており、切る手術に比べればリスクはかなり小さくなります。

しかし真性包茎の方は手術が難しいですし、切った方が費用負担が減る可能性もあります。

 

お金がかかるという部分では結構大変な方法となっているので、お金に余裕が無ければ切る手術の方がいいかもしれません。