切らずに行える包茎手術についての考察

包茎手術では余った皮を切除して縫い合わせ、亀頭部を露呈させる方法が一般的ですから、手術で陰部にメスを入れる事に対して不安を覚える方も多いです。

 

最近では包茎手術で切らない方法を選択出来る可能性もあり、術後回復が早くて手術跡のリスクも少なく、不安感も軽減出来る利点があります。

 

ただし、どのような包茎症状でも適用出来るわけではなく、仮性包茎で軽度の症状の場合や切らずに治療を行えるタイプに限り、切らずに行えるかどうかはカウンセリングを受けて専門医にチェックを受ける事は必要です。

 

切らない手術方式の場合は痛みが殆ど無いという大きな利点がありますし、回復も早くてコスト負担も小さいものであり、切る手術とは違い元通りにしたい場合は戻す事も可能になります。

 

加齢によって皮余りが起こってくると、再度手術を行う必要がある事もありますが、調整が効くというのも利点であり、若年層は効果持続しやすいという特徴があるものです。

経度の仮性包茎ならば糸で縫合する事が主流であり、亀頭部を覆っている包皮を陰茎の根本に定着させる方法になります。

 

この方式の場合は10分程度の縫合で行う事が可能であり、当日からでもシャワーを浴びても問題が無く、縫合以外の切らない方法としては、亀頭部を増大させて皮を被りにくくする方法も有効です。

 

現在では医療技術進化によって、全ての包茎手術が切るというものではなく、切らない選択肢もあると知って、まずはカウンセリングで相談してみる事が望ましいと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>