包茎手術は想像以上に簡単で痛みのない手術です

包茎と一口に言ってもさまざまなタイプがあり、日本人にもっとも多いと言われている仮性包茎は平常時は包皮が亀頭を覆っていますが、手でむくと亀頭を露出させることができる状態です。

 

そのままの状態でもとくに生活などには支障がないため、手術などを行っている人が少ないですが、真性包茎の場合は皮をめくることが出来ない状態にまでなっているため生活の中でなんらかの支障が出てくるでしょう。

 

真性包茎の場合は手術を行うことで解消はできます。しかし、手術と聞くととても大変な状態だと意識してしまい、なかなか踏み切れない人も多いはずです。

 

真性包茎の手術は亀頭直下埋没法などが一般的ですが、気になる痛みなどはほとんどありません。まずは勃起時のペニスの全長に合わせ、余分な包皮を切ります。全ての手術時には当然麻酔が行われますので、包皮を切除している最中も痛みはなく30分から40分ほどで手術の全工程は終了します。

 

また、手術に踏み切れない人の中には手術跡が残ってしまうのではないかという不安があるはずです。包茎手術を受けても手術跡はほとんど残らず、明るい場所でしっかり確認しなければ分からないほどなので安心です。

 

包茎はパートナーなどの相手に迷惑をかけてしまうだけではなく、衛生面も悪くなり自分自身にも悪影響を及ぼしてしまいます。とてもシンプルな手術方法なので、心配することなく気軽に手術を受けてみることをお薦めします。

 

まずは病院にてカウンセリングを受け、自分の包茎の状態などをしっかり確認してもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>