切らない包茎手術のデメリットとは!

包茎手術は切ることが一般的であり、不要な皮を全て切断した方が楽なことも事実です。

しかし皮を切ると性感帯が無くなってしまう可能性があり、射精出来ない可能性があります。

 

それを避けるために導入するのが、切らないタイプの方法です。

皮を二重整形のように縮めることによって、露呈した状態を作り出すことができます。

 

この方法なら切る必要がありませんし、あまり切り過ぎてよくないような感じに仕上がってしまうこともありません。

この方法は切らないためにリスクは少ないのですが、そもそも剥くことが難しい場合は利用しづらい部分も持ち合わせています。

 

皮が剥けるような状態になっているなら、この方法を利用して綺麗にすることも可能ですが、剥けない場合は先端を切断しなければ露呈させられない状態になってしまうのです。

また縮めるような方法で手術を行うのですが、皮が長すぎると縮めきれない状態になってしまい、変な感じで手術が終わってしまうようなこともあります。

一概にいいとは言い切れない方法ではあります。

 

剥けるような仮性包茎の方なら利用する価値はあるとされており、切る手術に比べればリスクはかなり小さくなります。

しかし真性包茎の方は手術が難しいですし、切った方が費用負担が減る可能性もあります。

 

お金がかかるという部分では結構大変な方法となっているので、お金に余裕が無ければ切る手術の方がいいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>