現在の包茎の治療の状況について。

包茎にはさまざまな種類があります。中でも真性包茎や嵌頓包茎の場合は、性行為時などに性器が締め付けられたり亀頭部が出てこない状態になってしまうことがあり、時には性器にかなりのダメージを受けることも多いです。

 

また包茎の場合は性器が不潔になりやすい状態になり、女性としても好ましいものでないと思われてしまいがちなので積極的に治療を受けるべきものです。

包茎の治療費用に関しては真性包茎の場合は基本保険適用になり、勃起すれば亀頭部がきちんと出てくるような仮性包茎の場合は基本自費となります。

 

また包茎の手術方法に関してはさまざまあり、女性との性行為をすることを考えて見た目を悪くさせないように傷跡などを隠したいのであれば、美容外科的な処置が必要になるということもあってどの包茎の状態であっても自費で手術を受けることになる場合がほとんどです。

 

費用については病院によっても違いますが、だいたい20万円から30万円ほどかかることが多いです。包茎の治療を受ける場合は泌尿器科か男性専用の美容外科などを受診することになりますが、地域によっては泌尿器科や美容外科はほとんどないようなところもあり、包茎の治療を行なえる遠方の医療機関に通院したりするのは大変な場合もあります。

 

しかし手術自体はそれほど難しいものではないのでほとんどの場合日帰りでできることが多く、手術後に通院するのも特にトラブルがなければ数回で済むので、地元から少し離れた医療機関で手術を受けることも可能です。